それぞれの作業に特化した作業服

作業服の特徴と用途ごとの違い

作業服は特定の業務に従事する際に着る衣類を意味しますが、一般的には土木工事や農業などの肉体労働を行う際に着る頑丈な衣類を指します。作業服は耐久性を向上させるために厚手の生地で作られている物が多く、実用性を重視したデザインになっているのが特徴です。筆記具や小型の工具類を収納出来るようにポケットが複数付いているのも作業服に多く見られる特徴ですが、用途によってはポケットが一切付いていない物もあります。また、上下が繋がっているつなぎ服も作業服として広く普及していますが、衣服の継ぎ目への引っ掛かりや異物の混入を防ぐ意味があります。色合いも様々ですが、汚れやすい業種に用いる作業服は黒や紺などの暗色が普通です。屋外での作業や暗い所にいることが多い作業では目立たせる目的で明るい色合いの作業服が用いられる傾向があります。

特殊な作業向けの作業服について

作業服は従事する業種に特化したデザインになっているものがあります。一般的な作業服は普段着をベースにしたデザインが主流ですが、特定の業種に特化した作業服はデザインも特殊な物が多いのが特徴です。医師が用いる白衣や手術着、ダイバーが着用するウェットスーツも特定の用途に特化した作業服の一種です。
特殊な業種専用の作業服は一般的な作業服と比べて生産数が少なく、単価が高額になりやすい傾向があります。また、断熱や帯電防止などの加工が施されているのも特殊な用途の作業服が高額になる理由の一つです。特殊な用途の作業服であっても身に着ける衣類の一種なので、サイズや生地の厚さなど着心地の良さを考慮して選ぶのが快適に仕事を行うためのポイントになります。