色の違いで作業効率が変わる?

集中力が高まったり落ち着きやすい色の作業服

職種によってホワイトカラーやブルーカラーと呼ばれるときがあります。ホワイトカラーは頭脳労働をする人を指し、ワイシャツの色から言われるようになりました。ブルーカラーは肉体労働をする人を指し、作業服に青色が多いところから言われるようになりました。作業服に青色が多いのは偶然ではなく、いろいろなメリットがあるからとされています。肉体労働においては危険な作業をしないといけないときがあります。集中して作業をしないとけがをしてしまいますが、青は集中力を高める効果があるのでけがを予防できます。さらに青色は心を落ち着かせる効果があるとされています。集中力を高めて、さらに落ち着いて仕事ができれば、どんどん仕事をこなせるでしょう。

落ち着いた色だと気になりにくい

工場などでは作業服が用意されていて、一番上に必ず着るように言われるかもしれません。インナーは自由ですが、アウターはそこで働いている人全員が同じ色のものを着ています。これによって一体感などが高まって仕事の効率が高くなる効果が得られるようです。ではどんな色がいいかですが、落ち着いた色が良く選ばれる傾向にあります。グレーなどが人気で、白に近いグレーから、濃い目のグレーなどが選ばれるときもあります。派手目の色になると、どうしても作業服の色が目に入って気になりやすくなります。よくある落ち着いた色であれば、それほど気にならないでしょう。色のついた部品などを扱うとき、作業服がグレーだと部品の色と同化しにくくなる点も利点になります。

好みや、メンバーで統一感を出して仕事のモチベーションをあげる作業服。しかし実店舗は少ないという現状。作業服の通販なら多種多様なデザインのものを選べます